みや央写真日記

みや央写真日記(随時更新中)

水泳学習が始まりました!

 中学部では、6月10日から水泳学習が始まりました。プールの中を歩いたり走ったりする活動や、水に浮かんだボールや沈んでいる輪っかを集めたりする活動を通して水に慣れることを目標にしています。また、安全に活動を行うことを意識し、楽しみながらも笛の合図で活動を止めたり、教師の話を静かによく聞いたりするなど、約束を守りながら活動ができている生徒たちです♪

校外学習に行ってきました!

 6月13日、久峰公園と久峰食堂に校外学習へ行ってきました♪雨が心配でしたが、天気に恵まれ、青空のもと、リニューアルされた遊具でたくさん遊ぶことができました。大きなアスレチック遊具には、階段やはしご、吊り橋、ろくぼく等色々な種類の遊具が連結されており、様々な身体の動きを経験することができました。また、滑り台を滑ると風がとても気持ちよく感じられたようです。久峰公園でたくさん体を動かした後は、敷地内にある久峰食堂へ移動し、おいしいご飯をたくさん食べました!2学期はどこに行こうかな?と、今からワクワクの4年生です。

産業現場等における実習

 高等部では6月10日(月)から6月21日(金)までの10日間で産業現場等における実習が行われました。初めて高等部の実習を経験する1年生、初めて校外実習を経験する2年生、いよいよ将来の社会生活に向けて動き出す3年生、皆さん自分の目標を決めて一生懸命取り組んでいました。今回の実習を通して得た成果や課題を振り返り、今後の学校生活に活かしてほしいと思います。

みんなで音を楽しんでいます

 小学部5年生の音楽のようすです。

5月はこいのぼりやおぼろ月夜などの歌を歌ったり、だんだんテンポが速くなる手遊びで先生と対決をしたり、みんなで「リズムマスター」を目指して、言葉や音符に合わせていろいろなリズムうちをしたりしました。一番盛り上がったのは、やはり先生との対決!!毎回熱戦でしたよ。6月の音楽も楽しみですね♪

第1回 中学部 しごとチャレンジ

「1週間しごとをやりとおそう!」のスローガンのもと、中学部では5つの班

(せいそう班・せいび班・エコ班・チャレンジ班・てしごと班)に分かれて、はたらく練習にチャレンジしました。

活動を通して、はたらくために必要な力を身に付けることができた1週間でした。

 

運動会、頑張りました

5月18日(土)、日頃の児童生徒のがんばりに答えてくれるかのような晴天に恵まれ、第53回運動会が開催されました。高等部は、団長、副団長、リーダーなどの活動で精一杯学校を盛り上げることができました。徒競走、団技(綱引き)、ダンス(ソーラン節)、どの競技・演技でも、力を尽くして取り組むことができました。全校リレーでは団長がこれまでのがんばりを出し切る走りで会場を大いに盛り上げ、運動会を終えることができました。

運動会予行練習がありました!

気持ちのよい風が吹く10日、18日の本番に向けての予行練習がありました。

   徒走、団技、ダンスなどそれぞれの学部が取り組む中、団長、副団長のかけ声とともにみんなの応援にも力が入ります。どうぞ、本番をお楽しみに~!

3ねんせい がんばるぞ~

進級して1か月あまりが経ち、新しい環境にも慣れてきました。

音楽の時間は、「おへんじのうた」の歌に合わせ、マイクに向かって「は~い」と

元気な返事をしています。季節の歌を歌ったり、楽器演奏やダンスをしたり、楽しんでいる子どもたちです。

 5/18日に行われる運動会に向けて「ダンシング玉入れ」や徒走の練習に取り組んでいます。3、4年生との合同練習では、玉入れだけでなく、途中のダンスも可愛らしく

踊っています。最後の一つまで玉を入れるあきらめない姿も見せてくれることでしょう。当日は天気に恵まれますように・・・。

やる気いっぱい、もうすぐうんどうかい!

5/18(土)に開催される運動会に向けて、徒走や団技の練習をしています。今年の小学部団技はダンシング玉入れです。雨が続き外での練習がなかなかできませんが、子供たちは元気いっぱいに取り組んでいます。

小学部2年生にとって、1年生が入学してから初めての運動会です。後輩の前でかっこいい姿を見せようと、1年生との合同練習では、頼もしい姿を見せてくれています。当日は天気が良くなり、無事開催できますように・・・。

それぞれの夢に向かって

3月は、別れの寂しさや新しい未来への期待など、様々な思いを巡らせる月です。  

今、学級では、ヒヤシンスを育てています。写真のヒヤシンスのように生徒の皆さんもお互いを支え合って成長してもらえるとうれしいです。

3月8日(金)は卒業式予行練習、3月15日(金)は、いよいよ卒業式本番です。

いろいろな思い出を胸に卒業証書を受け取ることでしょう。 

卒業生の皆さん 感謝の気持ちをぜひご家族に伝えてください。

ご家族も喜ばれると思います。