日誌

令和4年度 東方小のできごと

小・中合同研修(職員)

小・中合同でタブレットの効果的な活用についての研修があり、宮崎大学の小林博典先生から演習を交えたお話をいただきました。子供達の学びを可視化し、思考を深めるための便利なツールを活用したいと思います。

校区内史跡巡り研修(職員)

東方小校区は文化財の宝庫です。田の神さあ、里程標、陰陽石、大丸太鼓橋、二原遺跡などを回り、社会教育課の井上さんに解説していただきました。今後、教材化して、子供達の学びに繋げていきたいと思います。

登校日(全学年)

林教頭先生が、たねの話と戦争・原爆の話をしてくださいました。草や木は仲間を増やし、生き残るためにいろいろな工夫をしています。人間も助け合い、戦争のない世の中を作っていきたいですね。

不審者対応についての研修・訓練(職員)

宮崎県防犯設備士協会の有野さんから、不審者侵入の事前対策や侵入時の対応についてお話をいただきました。さすまたの使い方についての実技講習もありました。もしもの時は子供達の命を守るために、職員一丸となって対応します。

 

 

キャリア教育についての研修(職員)

小林市キャリア教育支援センターの佐土原先生がキャリア教育の必要性や様々な実践事例をリモートで説明してくださいました。素敵な大人との出会いや本物に触れる機会を設定し、夢や希望を持つ子供達を育てていきます。