小林市立三松小学校のホームページへようこそ!

      (重要なお知らせ)引き続き新型コロナウイルス感染症に関しまして、ご家族の健康のため、マスク着用や消毒などの感染症予防の徹底とともに、感染者等に対する偏見や差別の防止について、ご理解とご協力をお願いします。
 
就学援助制度・ひとり親家庭に関する情報
就学援助・ひとり親家庭への支援のご案内

 すべての児童が安心して学校生活がおくれるよう、ご家庭の経済的な支援を目的とした就学援助についての相談や、ひとり親家庭に対する支援に関する情報を掲載しています。
 就学援助に関する相談につきましては、学校へお問い合わせください。また、ひとり親家庭に関する相談窓口は内容に応じていろいろありますので、相談が必要な場合はそれぞれの関係機関へお問い合わせください。

 
 
就学援助制度に関するお知らせ
新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した世帯への就学援助のご案内

 小林市では、お子様を小・中学校に通学させるのに経済的な理由でお困りの保護者に対して、学用品費や学校給食費などの援助を行う就学援助制度を実施しております。
 就学援助は、通常、前年の世帯所得をもとに認定かどうかを判断しておりますが、この度の新型コロナウイルス感染症の影響により、就労制限等で収入が減少した方、自営業で売上が減少した方など、家計の急変により経済的にお困りの方については直近の収入状況を勘案し、就学援助を受けることができる場合がありますので、学校または小林市教育委員会学校教育課までご相談ください。
 なお、既に就学援助の認定を受けている方は、改めて申請していただく必要はありません。
 詳細はこちらからダウンロードできます。
  → 
新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した世帯への就学援助のご案内.pdf

 
就学援助制度について
就学援助制度について


 小林市では、お子様を小学校・中学校へ通学させるのに経済的な理由でお困りの保護者の方々に対し「準要保護児童生徒就学援助費」として、学用品費、給食費等の援助を行っております。この制度は、国の法律で定められて実施しているものです。

1.援助について
  援助の種類は以下のとおりです。(※いずれも上限額があります。)
   ①学用品費 
   ②通学用品費(新入生は対象外)
   ③校外活動費 
   ④新入学児童生徒学用品費(4月認定の新入生で当年度中に支給を受けていない方のみ対象) 
   ⑤修学旅行費 
   ⑥体育実技用具等 
   ⑦学校給食費 
   ⑧医療費(学校保健安全法で定められている疾病に限る。)
2.就学援助申請と認定審査について
   「準要保護児童生徒就学援助費申請書」により、市教育委員会で審査し認定します。審査の結果は、学校を通じてお知らせします。
  審査を行う上で、民生委員による家庭状況の調査が必要な場合があります。ご了承いただきますようお願いいたします。(その場合は事前にお知らせします。)
3.援助対象者
  生活保護は受けていないが、それに準ずる程度に困窮していると教育委員会が認める方。(生活保護を受けている方は対象外となります。)
4.所得について
    
所得については、生計を共にする者全員を所得確認の対象としています。
5.お問い合せ先
  就学援助制度について詳しく知りたい、申請を検討したいなどのご相談がありましたら下記へ遠慮なくお問い合わせください。
   ・小林市立三松小学校 事務室  (電話 23-3514)
   ・小林市教育委員会  学校教育課(電話 23-0424)

6.申請書類等
  こちらからダウンロードができます。
   ・ご案内 → 令和3年度就学援助制度のお知らせ.doc
   ・申請書 → 
準要保護児童生徒就学援助費申請書(様式第1号 令和2年度版).pdf(※両面印刷です)
           準要保護児童生徒就学援助費申請書(様式第1号 令和3年度版).doc(※両面印刷です)
           

   ・添付書類の説明 → 申請書を提出する際に必要な添付書類について(令和2年度).pdf
                  申請書を提出する際に必要な添付書類について(令和3年度版).doc

 
 
ひとり親家庭への支援策と相談窓口
ひとり親家庭への支援策と相談窓口
~小林市内の主な支援策と相談窓口のご案内~
(令和2年12月現在)

◯家庭への経済的な支援
 ・児童扶養手当(小林市子育て支援課)
   ひとり親家庭の親などに児童扶養手当を支給します。
 ・ひとり親家庭医療費助成制度(小林市子育て支援課)
   ひとり親家庭の医療費の一部を助成します。
 ・宮崎県母子父子寡婦福祉資金貸付制度(宮崎県南部福祉子どもセンター、小林市子育て支援課)
   ひとり親家庭を対象に無理し又は低利で資金を貸し付けます。
 ・母子寡婦世帯つなぎ資金
   母子家庭、寡婦の方を対象に資金を貸し付けます。
 ・生活福祉資金(緊急小口資金、総合支援資金)貸付(小林市社会福祉協議会)
   当面の生活資金にお悩みの方に、無利子で資金を貸し付けます。
 ・緊急資金貸付(小林市社会福祉協議会)
   緊急性の高い生活費を無利子で貸し付けます。(上限5万円)

◯親のお仕事探し、資格取得の支援
 ・職業紹介(ハローワーク小林、宮崎県母子寡婦福祉連合会、女性・高齢者就業支援センター、都城就職相談支援センター)
   無料でお仕事探しをお手伝いします。
 ・若年無業者の就労支援(若者サポートステーション)
   就職に向けた相談、社会人としてのスキルアップを支援します。
 ・高等職業訓練促進給付金、高等職業訓練促進資金貸付(小林市子育て支援課)
   視覚を取得するための養成機関において、1年以上修業する場合に経済的な支援をします。
 ・自立支援教育訓練給付金(小林市子育て支援課)
   就職のための教育訓練講座の受講を支援します。

◯子どもの教育の支援
 ・就学援助制度(各小中学校、小林市教育委員会学校教育課)
   小中学生の学用品費、修学旅行費、学校給食費などの経費を援助します。

◯日常の生活支援
 ・母子家庭等日常生活支援事業(小林市子育て支援課)
   病気や修学などで一時的に生活の支援が必要な場合に支援員を派遣します。
 ・フードバンク(小林市社会福祉協議会)
   生活困窮世帯等に無料で食材をお届けします。
 ・子ども食堂(小林市社会福祉協議会)
   地域で集う場と食事を提供し、地域で子育て家庭を応援します。
 ・ホームスタート(小林市社会福祉協議会)
   子育てに悩む家庭に訪問し、保護者と一緒に協働しながら子育てを応援します。

◯お住まいの支援
 ・県営住宅、小林市営住宅(県、小林市の各窓口)
   抽選時に倍率優遇方式により、ひとり親家庭の入居について配慮しています。(小林市営)
   ひとり親家庭の入居について配慮しています。(宮崎県営)
 ・住居確保給付金(小林市社会福祉協議会)
   住まいを失いそうな方などを対象に家賃の支払いを支援します。

※その他詳細は、下記のご案内をダウンロードしてください。