学校の教育目標

《宮崎県教育基本方針》
○ 本県の教育は、あらゆる教育の場を通じ、教育基本法にうたわれている人間尊厳の精神を基調として、
「たくましいからだ 豊かな心 すぐれた知性」
をそなえ、郷土に対する誇りと柔軟な国際感覚にあふれ、新たな時代を切り拓いていく気概を持ち、心身ともに調和のとれた人間の育成をめざします。
 
《学校の教育目標》
○ 自立と社会参加を目指して、自ら学び、心豊かでたくましく生きる児童生徒の育成
 
 本校は、昭和46年に設置された県立の特別支援学校です。
 本校では、「豊かな心とたくましい生活力を養い、積極的に社会参加し、
自立的生活を営むことができる心身ともに調和のとれた
人間の育成を図る」ことを目標に、学校教育を行っています。
 
 
 

学校の教育目標

[学校の教育目標]

 社会が、「共生社会」の実現に向けて急速に変貌を遂げつつある中、本校は、子どもたちが将来社会の一員として積極的に社会参加・自立していくことを願い、「共に生きる力」を培うことを本校教育の基本理念とし、次の教育目標を設定します。
自立と社会参加を目指して、自ら学び、心豊かでたくましく生きる児童生徒の育成
 〔校訓〕  笑顔いっぱい 力いっぱい 夢いっぱい
 

構成

小学部・中学部・高等部で構成されています。


小学1年生から高校3年生までの、児童・生徒が在籍しています。

現在、小学部22学級(児童数:82名)、中学部15学級(生徒数:58名)、
高等部20学級(生徒数:114名)で構成されています(※2020/4現在)。
なお、高等部については、入学者選考が実施されます。

詳しくは各学部のページへ。
 

本校の特徴

スクールバスが導入されています

平成10年から、試行運転が開始されました。2路線のみ
ですが、令和元年度は約60名の児童・生徒が利用しています。
なお、利用にはいくつかの規則があり、申請が必要です。
 
 
地域の方々が利用できる教育相談を実施しています

平成10年から、外来の教育相談を実施しています。
お子さんの発達や学習について困っている方が対象です。
どなたでも教育相談を受けることができます。

詳しくは教育相談のページへ
 

併設施設

寄宿舎が設置されています 
昭和46年開校時から、寄宿舎が設置されています。
自宅が遠方で通学が困難等の児童・生徒が生活しています。
寄宿舎のご利用は、申請が必要となります。

詳しくは寄宿舎のページへ