お知らせ

学校からのお知らせ

2022/0927 シェイクアウト訓練 と 霧島おむすび自然学校

9月27日(火)の9時20分・・・

 「ウーウーウー」

 校内のスピーカーから、緊急警報のサイレンが鳴り、続いて

 「ただいま、新燃岳が大きな噴火を起こしました。・・・」

との放送が流れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高等部キャンパスでのシェイクアウト訓練です。

 

 

 

 

小学部56年生の皆さんは、先生の指示に従って避難行動をとりました。噴石の飛来が想定される南側のカーテンをしめて、南側の窓からも離れます。

 

 

こちらは、5限目に行われた講演会。

 

 

 

 

 

 

「霧島おむすび自然学校」代表の壱岐様から、野外体験活動についてお話を伺いました。

 

 

 

 

 

障がいのある人たちが、野外活動を通じて得られる様々な学びを支えてこられました。

 ・自然に触れる喜びを感じる。

 ・挑戦する心や意欲がわいてくる。

 ・人と協力して物事をやり遂げる充実感を得る。

 

具体的な活動は

 ・山登り

 ・カヤック体験

 ・沢登り

 ・田植えと稲刈り

 ・そば打ち

 ・野外料理

・・・・・いろいろとあります。

「はい。参加したいです。」

 

 

 

 

 

講演会の最後に感想を聞くと、子供たちはを輝かせていました。

 

 

 

 

2022/0926 教育実習生が来てくれました。

3連休明けの今日。少し、蒸し暑さが残り、ちょっとつらい月曜日・・・

ですが、

今日は、フレッシュな教育実習生が2人きてくれました。

 

 

 

 

南九州大学4年生の山下さんと高山さんです。

 

 

 

 

 

 

 

今日は初日ということで、まずは、自己紹介から始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

・・・子供たちから見たら、年齢の近いお姉さん先生といったところでしょうか?

早速、子供たちの方から、いろんな質問をして交流を深めていきました。

「好きな芸能人は?」

「趣味は何ですか?」

一つ一つの質問に丁寧に答える実習生。(さすがです。)

 

 

 

 

 

場の空気がパァーッと明るくなりました。

 

2022/0922 小林市移動図書館がやってきた

本日は校内遠足が行われている中学部。

そこにやってきたのは小林市移動図書館です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒の皆さんは、バスに積んである本をそれぞれ三冊借りました。

1ヶ月間はお借りできます。

 そして、今日は職員の方が、楽しい楽しい「読み聞かせ」をしてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たべられたやまんば

もったいないばあさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図書館の職員の方が、登場人物になりきって、声色をかえ・・・

時には、低く野太い声の やまんば

時には、かわいい声の 小僧さん

時には、世話好きの おばあさん

 

 

 

 

 

どんどん、絵本の世界に引き込まれていきました。

小林市図書館の皆様ありがとうございました。

 

 

2022/0921 研究授業

急に肌寒くなりました本日。

高等部キャンパスでは、教育実習生研究授業が行われました。

 

 

 

 

 

「生活単元学習」

テーマは、”給料の使い方”です。

二日市先生は、テンポよく、生徒の皆さんに質問。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに対して、生徒もしっかりと答えていきます。

 

なんと途中で、給料の入った封筒が登場。

(いくら入っているのでしょうか?)

 

 

 

 

 

「さて、給料の10万円。君ならどう使いますか?」

 

 

 

 

 

話が具体的に進んでいきます。

経済的な自立だけでなく、社会人としての自立にも話題は及びます。

・・・それにしても、参加した生徒の皆さんの目が生き生きとしていたことが、とっても印象的でした。

 

アート展 と  台風一過

すさまじい台風でした。

台風一過の今日。

久しぶりの快晴です。

 

 

 

 

 

 

20日(火)の朝は、小中高どのキャンパスも、木々の枝葉が散乱・・・施設の被災はないか点検しました。

何とか子供たちも、無事に登校してきてくれており・・・その点は少し安堵しました。が、県全体をみると被災された方々も多く、まだ、全体像も確認されておりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、登校した子供たちは、早速、散乱した枝葉をほうきを使って片付けてくれました。

 

ところで、19日まで県立美術館にて開かれたアート展に行きました。

 

 

                                                

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

県内の県立特別支援学校の子供たちの作品が、たくさん展示されていましたよ。

まさに個性あふれる作品の数々・・・

 

 

 

 

 

 

光り輝いていました。

素敵なの発見もありました。

・・・・・

どんぐりです。

 

 

 

 

 

小学56年生が、見つけて届けてくれましたよ。

 

2022/0916 放課後の中学部

台風14号は、危険なコースを通るようです。18日(日)が最も影響が出る予想ですので、皆さん、備えは明日までに・・・

 

 

 

 

 

 

さて、金曜日の放課後、中学部の下校風景です。

先生方に見守られながら、お迎えを待つ子供たち。

 

 

 

 

学校での1週間の学習が無事に終わりました。

何だか、ほんわかした良い雰囲気です。

生徒の皆さん!1週間よく頑張りましたね。

先生たちにとっても、少し、肩の力を抜いて

ゆっくりできる時間・・・です。

 

 

 

 

「先生!さようならー」

ちゃんとこちらを見て、

90度のお辞儀をして、

すばらしい挨拶です。

 

 

 

 

 

 

さて、先日ご紹介した高等部キャンパスの廊下には・・・

 

 

 

 

 

巨大トンボが出現。

 

 

 

 

トンボの親分?!でしょうか。

 

 

2020/0915 おいしい食事 と 楽しい交流 

週末に向けて台風の動きが気になります。

本日も日中は、雨が降ったりやんだり・・・蒸し暑いですね!

 

雲から強い陽射しがさす中給食時間の小学部をお邪魔しました。

教室内は、しっかりとエアコンを利用して快適です。

 

 

 

 

 

同じ方向に向かって座り、おしゃべりせずに黙々と食べてます。

(おりこうさん!)

 

 

 

 

 

おー!お茶碗を持って食べてるね!かっこいいよ!!」

と言うと、周囲を見回して慌てて左手でお皿を持つ子供もいます。

(かわいいですね!)

 

 

 

 

 

 

こちらは、東方中学校の体育館

東方中学1年生との交流・・・風船バレーです。

こんなに大きな風船を使って、4回で相手コートに打ち返すルール。

 

 

 

 

 

 

 

ですが、ことは簡単ではありません。風に揺られてフーラフーラする風船に大苦戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、競技を通して、東方中生との楽しい交流ができました。

 

最後は、高等部。今日から教育実習生がきました。

 

 

 

 

 

 

日本体育大学の 二日市紫音 さん。実は、バリバリの国体選手(宮崎県代表)なのです。競技種目は、ウエイトリフティング。目標を伺うと「八位入賞です!」と答えてくれました。

今日から2週間、高等部1年1組の生徒の皆さんと共に教育実習生として、未来の先生を目指して努力されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、作業学習(木工班)の様子を見てもらいました。楽しくて実のある実習になりますように・・・よろしくお願いします。

 

 

 

2022/0914 就労支援セミナー と トンボ

台風シーズンの到来・・・というところでしょうか。

不安定な天候です。蒸し暑い風が次々とやってきますね。

体調の管理が難しい・・・ですね。気をつけていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

高等部キャンパスでは、昨日、「就学支援セミナー」が高等部生対象に行われました。(残念ながら、今年はリモート開催です。)

 

 

 

お話しくださったのは

 ・宮崎労働局 職業対策課 (ハローワーク小林)

 ・宮崎県 福祉保健部 障がい福祉課

 ・宮崎障がい者職業センター

 ・こばやし障がい者就業・生活支援センター

以上 4つの関係機関の方々でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”はたらく”ための準備はどうすればよいのか?

・身につけておくべきこと・知っておくべきこと を 丁寧に、それぞれのお立場からお話していただきました。

自分の夢や希望とそうつなげていくか・・・考える貴重な機会となったようです。

などと考えながら、廊下を歩いていると

 

 

 

 

 

 

高等部キャンパスの廊下にトンボが・・・

小学56年生が、一人一人、オリジナルのトンボを作ったのだそうです。・・・ふと・・・を想いました。

本当の秋風が吹くのも、もうすぐですね。

 

 

2022/0912 秋らしい季節に

いよいよ秋らしい天候になってきました。

こすもす支援学校の皆さんも、元気に登校してくれています。

 

小学部の登校風景です。

先生方が迎える中、保護者の方々の送迎で登校してきます。

「こちらのゴールまで・・・よーい、ドン

奥で待っている先生はゴールテープを準備。

それに向かって勢いよく走って向かう子供たちです。

 

 

 

 

 

 

「土日、ご家庭ではどうでしたか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供さんをお預かりする上で、この引き継ぎはとっても大切・・・。

なかなか、お母さんから離れられない子供さんも・・・(月曜日だしね!大人でも月曜日は・・・)

 

一方、こちらは、高等部キャンパスの小学部56年生・・・お昼休みに体育館で遊んだ後、隊列をくんで歩いて、教室に戻るところです。  途中、小林高校バスケットボール部の元気のよいお兄さん、お姉さんたちともすれ違います。

「こんにちはー」

「こんにちはー」

自然な挨拶がこだまします。

 

 

 

 

「お昼休みに体育館ではボール遊びをしました。」

うっすらと汗をかいた額に、霧島からの涼しい風が降りてきます。

「なんか、気持ちいいね!

満足そうに笑う顔が素敵でした。

 

こちらは、高等部。午後、軒下で、こすもすの種を植えました。

 

 

 

 

 

学校周辺の田んぼの稲穂もこんなにも頭を垂れています。

 

 

 

 

いよいよ、秋ですね。

 

 

 

 

2022/0909 高等部キャンパスの放課後

今日9月9日は”重陽の節句”

高等部キャンパスの小学生は一日の学校生活を終えると・・・

デイサービスの方々のお迎えを待ちます。

 

 

 

 

 

きれいになった外壁の前に設置されたこの重厚な長椅子・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

下校前の子供たちと先生たちとの憩いのひとときです。

 

  

 

 

 

 

「ほら、お迎えが来たよ。」

「さようならー」

何気ないやりとりにも、成長を感じます。

 

 

2022/0908 下校前

快晴が今日も続きましたね。

午後は、ほんの少し、暑さが和らぎました。

一日の学習や活動を終えて、帰ろうか・・・というところの皆さんの様子です。

こちらは小学部・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは中学部です。

 

 

 

 

顕微鏡をのぞく姿・・・

「何を見ているの?」

メダカの卵です。」

ぎょぎょっ!

レンズをのぞいて見ると・・・確かに卵が

 

 

 

 

 

 

 

 

あちらこちらに笑顔が見られ、私も爽やかな気持ちになれました。ありがとう。

 

2022/0907 研究授業 in 中学部 

久しぶりのカラッとした好天に恵まれました。

(でもまだ陽射しは厳しいですね。)

 

 

 

 

 

 

本日の1限目、中学部の1年で研究授業が行われました。

登校したあとの朝の活動、そして、朝の会・・・

 

 

 

 

 

 

「挨拶」「荷物の整理」「着替え」「検温」「課題」

一人ひとりの目標を確認しながら、すすめていきます。

いっぱい先生たちが来ている!」

と少し緊張気味の生徒も・・・(それはそうですよね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業の様子は、動画に撮影して後ほど検証していきます。

数十年前との違いの一つ・・・ICT機器の活用です。

 

 

 

 

 

 

 

でも、どんなに時代が変わっても、子供たちの成長を期して様々な角度からアプローチする先生方の情熱は変わりません。

(上の写真は、クラスの目標・・・人の素敵なところを見つけよう!・・・です。)

生徒たちが下校した後の研修会で、そう感じました。

 

アート展に向けて

先週の金曜日に 宮崎県立特別支援学校第20回アート展 に向けて 作品の一部を作成する高等部の皆さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生のご指導を受けながら、一つ一つ丁寧に仕上がっていきます。

色使い、デザイン に個性があふれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「会場では、これらの作品がつながっていって・・・なかなかいいものができるんですよ。」

とは、これまでのご経験がある先生の言葉。

 

 

 

 

 

9月15日(木)から9月19日(月)に 宮崎県立美術館県民ギャラリーで開催。

入場は無料です。

ぜひ、ご来場ください。

非常食の昼食

9月になりました。

防災の日の今日、高等部キャンパスでは、小林高校と合同の防災訓練を実施しました。地震とその後の火災という想定です。

感染症対策で、合同の消火器訓練を中止するなど予定を縮小・・・しましたが、こういう機会に改めて防災意識を高めることは大切です。

 

「消化器はどこにあるでしょうか?」

 

 

 

 

 

「地震が発生した時にまずどんな行動をとるべきでしょうか?」

 

 

 

 

「こすもす支援学校は、福祉避難所として皆さんが被災した時の避難所となります。」

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな確認ができました。

確認といえば・・・各学部で非常食を喫食しました。

こちらは高等部。駐車場の軒下に臨時の会場をつくりました。

 

 

 

 

 

こちらは小学部。ランチルームにガスボンベを並べお湯を沸かそうとしているところです。

こちらは中学部。ランチルームにお盆が並びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レトルトカレーやパックご飯、カップ麺などなど

いざという時のために保護者に準備していただき学校に常備してあるもの。その一部の一食分をお試しでいただきました。

 

そしてこちらが、もう一つ大切な確認事項です。

 

 

 

 

小学部・中学部に常備している発電機。その試運転も実施しました。

動き出すと・・・ドドドドドという迫力のある機械の音がして・・・

電子レンジもバッチリ動きました。

 

 

 

 

 

 

 

「お祭りの時のにおいがするね。」とウキウキとした生徒の声。

確かに、屋台が立ち並んだ際に、におってくるあの独特のにおい。ガソリンのにおいですが、お祭りの楽しい記憶と微妙に重なります。

小学部・中学部には医療的ケアが必要な子供さんもいます。発電機はとても重要なインフラの補助となりますので今回はその確認もでき、一安心です。

 

 

 

 

 

 

海外には、非常時が日常になってしまっている地域もたくさんあります。非常時が来ない方がよいに決まっていますが、今日は少しだけ、その感覚を味わってみた一日でした。

 

 

 

2022/0831 朝の連絡会

いよいよ8月も最終日。

台風の動きが気になる週末になりそうです。

明日は防災の日・・・ということで、今日も非常食の確認をしているクラスがありました。

 

 

 

 

 

 

「どれから食べようかな?」

 

朝の連絡会では、一日の流れを確認していきます。

 

 

 

 

 

学びの見通しを持つことで、より深い学びにつながります。

 

廊下には、今年度2回目となる移動図書館

 

 

 

 

また、たくさん本を借りてくれるといいなあ

 

 

 

 

 

2022/0830 2学期の目標

朝夕・・・ほんのりと涼しくなってきました。

ツクツクボウシの声も聞かれるようになり・・・

確実に季節は巡っていきます。

 

さて、高等部朝の連絡会の様子を見てみると・・・

 

 

 

 

 

あるクラスでは2学期の目標を確認中・・・

お邪魔して飛び込みの質問をしてみました。

手伝いは何をするのかな?

はい、皿洗いをします。

ときっぱりとした回答。(これはきっと大丈夫だ。)

 

 

 

 

 

 

別なクラスでは、明後日行われる「防災訓練」に向けて、学校に常備している非常食の確認中・・・

 

 

 

 

「当日は何を食べようかな!?」

「これで、実際は2日分かな」

 

 

 

 

 

2学期の2日目

少しづつリズムが出てきましたね。

体調を慣らしていきましょう!

 

 

 

 

 

高等部キャンパスがきれいに・・・

8月もあと3日となり、

少し秋の気配が感じられるようになってきました。

夏休み中に、外壁の工事をしていた高等部キャンパス。

その工事も終わりに近づき、足場も外され・・・

ご覧のようにきれいに塗装された外壁がみられるようになりました。

 

 

 

 

 

この写真を撮っている合間も、周辺から歌声が聞こえてきます。

文化祭を前に小林高校の生徒さんが、合唱の練習をしているようです。

少し秋を感じさせる風にのって、聞こえてくる歌声

いいものですね。

2022/0826 2学期開始

夏休みが終わり・・・今日から2学期が始まりました。

午前中行われた始業式。

小学部の給食室をメイン会場にリモートで、中学部・高等部とつなげて実施しました。

 

 

 

 

 

元気な子供たちの顔がみられ、先生たちもうれしそうです。

「夏休みは、どうでしたか?」

「楽しかったです。」

と答えてくれる子供たち。

 

感染症の影響で、思い通りの夏休みとはいかなかったご家庭もあったかと思いつつ・・・やはり、学校は児童生徒の元気な姿があってこそ・・・です。

 

ところで、6月に植えた苗が・・・

 

 

 

 

 

こんなに大きくなり、実がついていました。

 

 

 

 

 

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

秋になると、実の重さで稲穂がたわみます。

それは、まるで、頭を下げ、感謝の気持ちをあらわす人間のよう・・・。

 

最後に、夏休み中のうれしい話題を一つ・・・

7月28日付けに宮日新聞に掲載された小学部6年生の作品です。

 

 

 

 

 

この記事を読まれた一般の方から、次のような、とっても温かい気持ちのこもったはがきをいただきました。

「ありがとう」の気持ちは・・・人間を幸せにしてくれますね。

2022/0722 終業日

1学期が終わります。

二度目の梅雨明けでしょうか?

日中は35度を超えるうだるような暑さ・・・。

子供たちの体調を考慮して、終業式はリモートで分散開催。

時間も短縮して行いました。

 

 

 

 

 

そして、1学期最後の帰りの会

 

 

 

 

 

ここで、いよいよ、通知表をクラス担任からもらう子供たちです。

「みんな、よくがんばりましたね。」

先生からのお褒めの言葉に・・・ニッコリ笑顔の子供たち。

 

 

 

 

 

さて、そんなおり、PTAの方々が高等部キャンパス校舎周辺の除草作業をしてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

誠にありがとうございました。

 

感染症が、猛威をふるっております。ご家庭でも十分に健康管理にご注意いただき、2学期には、また、元気な子供たちの笑顔に会えることを楽しみにしております。

 

2022/0721 心のバリアフリー事業 

本日、小林秀峰高等学校の福祉科2年生の7名が高等部に来校。

高等部の皆さんと作業学習を通して交流を楽しみました。

 

 

 

 

 

まずは玄関でお出迎え

 

 

 

 

 

 

開会式では簡単に自己紹介をして、

その後、2グループに分かれて・・・

こちらは、英字新聞を使った袋作り

 

 

 

 

こちらは、木を使った製品作り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業の手順の説明など交流を深めました。

最後は、みんなでお見送り・・・

 

 

 

 

 

コロナ禍の影響で、マスクが外せない状態ではありましたが、

楽しかった交流の余韻に浸りながら・・・

いつまでも手を振る生徒たちでした。

 

 

 

 

 

 

 

研究授業と業間交流

高等部2年生のクラスで行われた研究授業の様子です。

場面は「朝の会」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒の皆さんに身につけてもらいたい力を育んでいく様々な教育的営みがありました。

・身だしなみ

・話す力

・聞く姿勢

・集中力

 

いろんな視点で、先生方が指導計画にのっとってすすめていきます。・・・

 

 

もちろん、生徒さんもがんばってくれました。

「いつもと違って?今日は集中してますね。(笑)」

緊張感の中にも、ふっと笑いが生まれます。

緊張もしますよね。周りにこんなに多くの先生方が・・・

 

 

 

 

 

続いて行われた「聞き取りクロスワード」・・・これはおもしろい!

なるほど、集中力が必要です。

 

 

 

 

 

さて、こちらは、高等部キャンパスの小学56年生

東方小の子供達とリモート交流会をしていましたよ。

 

 

 

 

 

「ジャンケンポン」

「うわー。負けた。」

負けると、足をのせている新聞紙を半分に折り曲げることに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後行われた「小さな夏祭り大会

では、なんと、スイカ割りが行われ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大盛り上がり・・・でした。

お昼の給食には、このスイカの一部がみんなに振る舞われました。

おいしい夏を味わいましたね。

 

 

2022/0719 高等部校外学習 in 都城

戻り梅雨という言葉があるらしいです。

”線状降水帯”の発生予報も出るこの頃・・・

なんか、変な天気が続きます。

なんとか、本日は大雨にもならずに、高等部は、校外学習を実施。

 

 

 

 

 

 

コロナ対策をとり、バスも大きめのバスにゆったり乗車。

 

 

 

 

 

マスク・換気・手指消毒・・・気をつけながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やってきたのは、都城のボウリング場です。

中には、初めて体験する生徒さんもいました。

いろんな体験をすることも大切ですね。

9月に実施予定の修学旅行の事前練習を兼ねた行事・・・

交通機関・公共施設等の利活用におけるマナーやルールの実践的な学習の機会となりました。

 

 

 

 

 

 

 

2022/0715 東方合同運動会結団式 

記録的な短時間豪雨でした。

今朝方の小林・えびの方面では、土砂災害警報も発令されましたので、保護者の皆様には、防災メールで安全が確認されてからの登校をお願いいたしました。

 

 

 

 

 

9時30に予定されていた東方合同運動会結団式も、雨天のため、準備が遅れてしまい、11時30分からの開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東方小・東方中の団長やリーダーの皆さんからのお話を支援学校の皆さんも、画面越しにしっかりと聞いておりました。(えらい)

 

さて、お昼には、少し晴れ間も見えたところで、高等部は予定通りの水泳・・・プールで楽しそうに泳ぐ姿が垣間見られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜以降も、線状降水帯が来るかもしれないそうです。

皆さん、早め早めの準備をいたしましょう。

子供たちも、水路や川を見に行ったり、崖に近づいたりしないように・・・ね。

 

 

2022/0714  リモートで交流授業 IN 高等部

本日県外の特別支援学校との交流を実施。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手校は埼玉県立戸田かけはし高等特別支援学校

ICT機器を活用したリモート交流授業を実施しました。

スクリーン越しの交流です。

 

こすもすの皆さんは、高等部の12名。戸田かけはしの皆さんは1年生の5名。

 

まずは、自己紹介から・・・

 

「私が好きなものは○○です。」

カメラの前で、少し緊張気味・・・

でしたが、立派にできましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、互いに校歌の演奏を披露しました。

こすもすの皆さんはBTSのDynamiteに合わせたダンスも披露・・・。

 

 

 

 

 

そして、とっておきのクイズ・・・次の言葉(西諸県弁:方言)は、どんな意味でしょう?・・・には大笑いでした。

ちなみに、出題は

「つ」「きかんたろ」「びんた」「ぴ」

の4問。下の写真はヒントですよ。皆さんは、わかりますか?

 

 

 

 

 

 

2回目の交流授業は、12月頃の予定です。

「次はどんな話題で交流しようかと今から楽しみです。」と話す生徒もいました。

世界が広がりますね。

 

 

 

 

 

2022/0712 クリーンこすもす交流 (小・高編)

7月12日の午前中、高等部キャンパスの小学部教室で行われたクリーンこすもす交流。今年度2回目で、今回は高等部の生徒の皆さん小学部56年生の子供たちとの交流です。

 

 

 

 

そして、今回はテレビ取材も入りました。

 

MRT「みらい・みやざき まなび隊 」 のスタッフの方々が来られ、児童・生徒の皆さんは、ちょっとドキドキ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「作業学習」の朝礼から始まり、窓拭き・自在ぼうきの使い方の説明、そして、実際の作業実践・・・

15人の皆さんが4つのグループに分かれております。

 

各グループ内では、高等部生が、小学部生に、寄り添うように教える姿が・・・頼もしいですね

とっても素敵な交流ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まなび隊の隊員の方も交流に加わってくださり、また、合間にインタビューも受けましたよ。

 

 

 

 

テレビ放送は、7月30日(土)MRT「みらいみやざきまなび隊」にて放映予定です。

これからも、学校生活の中で、自然な交流がたくさん生まれることを祈ってます。

2022/0711 第1回音楽交流会 in 小林高校音楽室

小林高校の音楽室で行われた音楽交流会です。


 

 

 

 

 

 

 

小林高校2年生の音楽選択生とこすもす支援学校の高等部生12人が、音楽の授業を通じて楽しい時間を過ごしました。

音楽を通して、お互いを知り、思いやる心を・・・

授業の開始前には、書道・美術を選択している小林高校生が、素敵な装飾をしてくれました。ありがとう。

 

 

 

 

 

 

さて、授業は・・・

互いの校歌を披露したあとに、

 

 

 

 

季節の歌「七夕」のメロディーをトーンチャイムで楽しむ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

BTSの「Butter」に合わせて、ダンスを楽しむ・・・

 

 

 

 

 

 

そして、お互いに、歌のプレゼント・・・という展開。

 

 

 

 

こすもす支援学校・小林高校のいずれの生徒さんも、最初は緊張していましたが、徐々にうち解けて、最後の方では、心から楽しんでいる様子でした。

生徒たちが持っている思いやりの心根に感動すると同時に、それを引き出す音楽の力準備してくださった先生方や美術書道の生徒さんにも大変感銘を受けました。

 

 

 

 

 

また、授業の様子は本日の18時すぎUMKで報道でされる予定です。よろしかったらご覧ください。

2022/0708 プール最高!

今日は日中、モアーッとする蒸し暑さ。

でしたが、東方小プール東方中プール小林高校プール

で、それぞれ、こすもすの皆さんが、水浴びや水泳に興じました。

 

こちらは小学部。

 

 

 

 

「はい。いっち・にー・さーん。3で大きくジャンプだよ。」

 

 

 

 

準備運動の指導をされる先生のかけ声に合わせて、体を動かす子供たちです。がんばってますね。

 

中学部。

遠くに霧島の山脈を見ながら泳ぐことができます。最高のロケーションですね。

 

 

 

 

・・・水中の圧力で、ちょうどいい歩行の練習にもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

何より、みんな、とってもいい表情をしていました。

 

高等部。

こちらも、生徒さんの段階に応じたプログラムが、先生たちチームの支援のもと、広ーいプールで行われ・・・

 

 

 

 


仲良くつながって・・・実に楽しそう・・・。

 

 

 

 

プールサイドの温度計は50度に達していましたが、水の中は快適そのもの。

 

 

 

 

 

 

「水に入りたい!」

思わず、飛び込みそうになりました。

 

 

2022/0707 七夕の日の・・・振り返り

今日は七夕

小学部56年生は、玄関に設置された竹笹に飾り付けをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日書いた短冊や数々の色紙・・・

みんなの願いが叶いますように・・・」声を掛け合う姿がいいですね。

 

 

 

 

 

 

一方、こちらは高等部。

先週行われた産業現場等実習についての振り返りが行われました。

 

 

 

 

 

準備してきた発表用のスライドや動画を披露しながら、説明をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

実習を通して、みなさんよく努力をして成長をしました。

が、2週間の中で、決してすべてが順調だったわけではありません。

巡回に行かれた先生方が

「実はね。こんなことがあったんですよ。・・・」

とエピソードを加えていただくことで、困難を乗り越えていった様子が絵に浮かぶようでした。

 

 

 

 

 

ところで、人に説明するというのは、結構難しいものです。

ですが、このような発表の機会を通して

 

 

 

 

 

 

 

自分で自分の成長を確認できる。

体験を共有することで、お互いが次の目標を持つことができる。

「学び合う」「認め合う」「たたえ合う」ことで、感謝の気持ちが自然に生まれる。

という良さがあります。

 

「ありがとうございました。」

発表会の最後に、出してくれたこの言葉に・・・とっても感動しました。とてもいい発表会でした。

 

 

 

2022/0706 高等部は夏模様

台風一過の・・・快晴とはいきませんが、

とりあえず、台風被害はなくて一安心。

さて、高等部キャンパスの子供たちは・・・

すっかり、夏を満喫しております。

 

こちらは、小学部56年生。

短冊に願い事を書いている子供たちです。

漢字をがんばりたいです。

ウクライナへの攻撃がなくなりますように。

自分の目標から平和への願いまで・・・いろいろ書いてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高等部の皆さんは午後から小林高校のプールで水泳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あー水が気持ちいいなあ!」

 

先生方に見守られて、こちらも夏ならではの楽しさですね。

 

 

2022/0705 クリーンこすもす交流

今朝方、温帯低気圧になった台風4号の影響で、まだ、厚い雨雲に覆われた午前。

 

 

 

 

高等部キャンパスに中学部3年生3人がやってきて、清掃活動や作業学習を通した交流が行われました。

「クリーンこすもす交流」です。

 

 

 

 

自在ぼうきの持ち方や使い方を高等部の皆さんが、まずは、デモンストレーションとしてやってみせて・・・その後は、マンツーマンで丁寧に教えてくれました。

「右脇にほうきの柄を抱えるように・・・」

「ちりとりに入れる時のコツは・・・」

 

 

 

 

後半は、窓拭きの手順です。

 

 

 

 

スクイジーモンスーンなど・・・いろんな道具が出てきます。(私は初耳。皆さんわかりますか?)

 

 

 

 

高等部の皆さんは手慣れた様子で窓拭きをきれいに仕上げていきます。

中学部と高等部は校舎が離れてますのでこのような機会はとても貴重。中学部の皆さんは、「やさしく教えていただき、とっても楽しかった。中学部でも取り組んでみたい。」と意欲的。

高等部の皆さんにとっても、教えることの難しさとやりがいを感じたとのこと。

 

 

 

 

 

 

何より、学部を超えた素晴らしい交流ができました。

 

 

 

 

 

 

2022/0704 台風4号

台風4号が東シナ海を北上中。

宮崎県の海岸沿いには、次々と雨雲が・・・

 

 

 

 

西諸県地域にもかなり雨が降りましたが、警報は発令されずに明日も何とか学校を開けそうです。くれぐれも登下校の送迎等お気をつけいただき、安全を確認の上子供さんをお送りください。

さて、農園の野菜にとっては、恵みの雨?

 

 

 

 

また一段とよく育っています。

2020/0701 夏空とかき氷

7月になりました。「暑いですね」があいさつになった今日この頃です。

 

 

 

 

 

高等部の黒板に、でっかい「かき氷」を発見。

 

 

 

 

 

生徒たちが、思い思いに色を塗ったそうです。

本物のかき氷を今年は作ってみようか?!」

先生と生徒との楽しそうな会話が聞こえてきます。

すっかり、夏ですね。

暑い・・・熱い・・・といえば、もうすぐ、参議院選挙がありますね。今日は主権者教育が行われておりました。先生のご指導を熱いまなざしで見つめる生徒たち。授業に望む姿勢がいいですね。

2020/0630 とってもよい話

真夏の青空に入道雲。

猛暑です。

 

 

 

 

 

高等部の午前。教室では作業学習が行われました。

紙バックを作成する皆さんです。

 

 

 

 

 

 

皆さんの様子を見ているところに、小林高校の先生から次のようなお礼の連絡が入りました。

「今朝、こすもす支援学校の生徒さんが、小林高校生が落ちした定期券を学校の事務室に届けてくれたそうです。ありがとうございました。」

確認をすると、届けた生徒は

はい。私が届けました。

とニッコリ笑顔で答えてくれました。

そのさりげない話しぶりに、心が洗われるような爽やかな気持ちになりました。

 

 

 

 

 

定期券を落としてしまった小林高校の生徒さんは、このあと、直接、お礼に来てくれたそうです。(直接お礼を伝えてくれて、ありがとうございます。)

自然な交流が、とってもいいですね。

 

 

2022/0629 匠の技園芸体験(中学部)

本日の午前中、中学部のランチルームで行われた園芸体験

 

 

 

 

園芸技能のマイスター3人に来ていただきました。

いづれも、花の専門家。

 

子供たち一人一人に、丁寧にご指導していただきました。

与えられた鉢に、土を入れたあとは、子供たちは指導を受けつつも、配置を自分で考え自由に植えていきました。

 

 

 

 

百日草サルビアツタ・・・そして玉砂利をしきつめると

なかなかの出来映えです。

どうだった?と聞くと

「楽しかった。また、やりたい。」

との明るい返事がありました。

やっぱり、土を触ること美しいものを造ることはいいですね。

 

 

 

 

触覚と視覚を通して子供たちには感じることが多いにあったようです。

一方、こちらは、高等部

ICTを活用して、埼玉県の県立戸田かけはし支援高等学校との交流授業の準備中でした。

まずは、自己紹介の資料づくり・・・

 

 

 

 

7月14日に第一回目の交流授業をする予定です。交流から、どんな広がりが生まれるか?

 

 

 

 

 

ワクワクします。

 

 

 

2020/0628 なすの成長

陽射しが肌を刺すようです。

高等部キャンパスの小学部農園にも、陽射しが降り注いでいます。

子供たちが定植した「なす」

 

 

 

順調に育っています。

葉っぱは、やや、お疲れ気味。

 

 

 

 

ですが、たっぷりと栄養分を吸収して立派な「なす」が収穫できそうです。

本日、高等部の皆さんが、暑い中、草取りをしてくれていました。(ありがとうね。)

 

こちらは、午後の音楽の授業風景。

 

 

 

熱中症と感染症に気をつけて、換気をしながらエアコンで室温にも配慮・・・それにしても、子供たちは楽しそうです。

2022/0627 本当に夏が来た!

南九州地方は梅雨明けした模様とのニュースが入ってきました。

「そう言われれば、空の青さも、空気の熱気も・・・夏の感じ

 

 

 

 

 

 

小学部56年生は、小林市営プールの予定でしたが、職員の体制がとれずに、急遽変更(すみません)。小林高校内の水洗い場で、水遊びを豪快に楽しみました。

 

 

 

 

ですが、

「うわー」「キャー」と言いながら、冷たい水の感触を楽しんでいた子供たち。

霧島の山をバックに、きれいに体を洗ってもらっていました。

 

 

 

 

そのままでいても、夏の陽射しに温まった風が子供たちの肌をなで上げてきれいに自然乾燥してくれそう・・・。

 

一方、夕方、高等部では水難訓練も実施。

今週、高等部もプールが始まります

使用する小林高校のプールで事故が起こったという想定です。

(もちろん、そうならない方がよいのですが)

この緊迫感にはいつも感心します。

 

 

2022/0624 プール開き (東方小・東方中プール編)

時々ぱらつく雨・・・水泳は大丈夫かなーできるかなーと思っておりましたら、

 

 

 

 

 

予報通り雲のすき間から本格的な真夏の陽射しが降り注いできました。

今日は、待ちに待った小学部・中学部の併設校プールでの初泳ぎ・・・。

 

 

 

 

 

子供たちは、次第に広がる青空の下で、気持ちよく水泳の授業を楽しみました。

こちらは小学部

 

 

 

 

 

 

「まずは、準備体操です。はい、足首を伸ばしましょう。」

ご指導する先生、横に付き添う先生の

サポートを受けながら、がんばってます

 

 

 

 

 

人数を考えて、2グループに分け、片方のグループは体育館でゆっくりとウォーキング中でした。

 

 

 

 

こちらは中学部

 

 

 

 

 

ちょうど、授業が終わったところ・・・

 

 

 

 

 

「どうだった?」と声をかけると

「はい。気持ちよかったです。」

と明るく元気に答えてくれました。

東方地区の水と空気は、子供たちを元気にしてくれます。

 

 

 

 

2022/0623 高等部産業現場実習 もうすぐ終了です

宮崎の夏がやってきた・・・と感じさせるような暑さです。

先週から始まった高等部の産業現場等実習も、今週で終了。

 

 

 

 

 

いろんな事業所で、成長していく生徒の皆さん。

先生方が巡回して、その都度、報告をもらいます。

こちらは、とあるバーガーショップでの実習の様子。

厨房の外から、作業の様子を見学しました。

 

 

 

 

トマトを丁寧にスライスしていく手際よさ・・・

 

 

 

 

 

店長様から「大変、真面目にやってくれます。教えたこともよく理解してくれます。」とのお言葉。(ありがたいですね)

働くということは、決して、簡単ではありません。

気持ちのよい挨拶をして、職場の方と仲良くなる

作業の手順を覚えて、正確に続けていく

失敗した時に、ごまかさずに報告をして、どうしたらよいかを教えてもらう

 

 

 

 

 

 

 

 

この実習期間を終えて、それぞれの課題も見えてくるはず・・・。また学校生活に戻った時に、やる気満々の表情を期待してますよ。

 

2022/6/21 中学部 進路学習

中学部の皆さんが、高等部に作業を見学にやってきました。

 

「進路学習」の一日。

 

 

小林市にバスをお借りして、事業所等を巡ります。(その途中高等部に立ち寄ってくれました。)

高等部の先輩方が丁寧に説明をしてくれました。(さすがです。)

 

 

 

 

中学部の皆さんが聞く姿勢も立派です。

高等部の皆さんにとっても、よい勉強になりましたね。

 最後は小林高校の前から、見送りました。

2020/0621 今年初めてのプール

小学部5・6年生の初泳ぎです。

 

 

 

 

昨日の午前中。

場所は小林総合運動公園内の市営プールです。

 

 

 

 

水の感触を楽しみました。ぷかぷかと気持ち良さそう!!

外は小雨がふっていましたが、立派な室内プールですので、

問題なし

気兼ねなく泳ぐことができました。

 

 

 

 

30分たったら・・・「休憩だよ」

の声にも、バシャバシャと泳ぎたがる子も・・・いました。

 

プールのスタッフの方々や先生方に見守られながら、たっぷり楽しい時間を過ごせました。

よかったね。

 

 

 

2020/0620 小学部 音楽の授業風景

いよいよ本格的梅雨シーズン。

ついつい、気分が沈みがちになりますが

小学部の音楽の授業風景をみますと・・・

本当に楽しそう・・・。

 

 

 

担当の先生方のテンポのよい指導に

子供たちもしっかりと、調子を合わせて歌を歌います。

 

 

 

 

リズムに合わせて体を動かし、メロディーを奏でると

あら不思議・・・気持ちが軽ーくなっていきますね。

2022/0617 小学部 研究授業

梅雨の晴れ間も今日までかなあ。

空模様も、少々重たい感じ・・・

 

今日は、東方小に併設されている小学部で、研究授業が行われました。

 

 

 

 

 

 

廊下には、こんな素敵なオブジェが・・・(こうすると雨も楽しいイベントですね。さすが、小学部の先生方です。)

授業の目標やねらいは、子供さんに合わせて、丁寧に考えられた内容。

 

 

 

そして、使われた教具は、手作り。とても工夫されており、先生の真心を感じさせられます。・・・子供たちは喜んで授業に参加しておりました。

 

 

 

 

 

本県の初任研は2年間かけて実施されます。新採2年目の先生の授業を今年初任となるお二人がじっくりと勉強しておりました。

お二人に感想を聞くと

「中学部・高等部とはまた違いますね。」

 

小中高の縦の連携を図ることで、一人一人の子供さんがよりよく成長できるように支援をする。・・・これも本校の大切な教育方針。

必死に授業作りをする先輩教師の姿から後輩教師も学んでおりました。

 

2022/0616 小林市営プールの下見

梅雨の晴れ間が広がった本日、

小学部の先生方と小林総合運動公園の市営プールに伺いました。

 

 

 

 

小学部5・6年生11名を対象に行われる水泳の授業に向けた事前の打ち合わせです。

 

 

 

 

 

 

 

 

施設内のトイレ・更衣室をはじめ、

実際の使わせていただく際の動線を確認。

 

 

 

・トイレはどのタイミングでどのトイレを使うのか。

・車椅子の子供は、どこを通るのか。

・水泳終了後の着替えは、どんな段取りで行うのか。

などなど・・・

本当に素晴らしい施設。

関係機関のご協力とご理解には心から感謝申し上げます。

子供たちの喜ぶ姿が目に浮かびます。

 

 

 

 

2020/0615 き・ら・り作業所 in 中学部

今朝は中学部のランチルームにお邪魔しました。

ランチルームは、き・ら・り作業所として、様変わりしていました。

今週は月曜日から「進路体験実習」が行われています。

 

 

 

 

 

毎朝、このように朝礼を行います。

 

 

 

 

担当の先生から、一日の流れについて説明があった後に

当番の生徒が全体の進行をしていきます。

 

 

 

 

作業は、箱折り箸磨きハンドモップ縫製作業の4部門。

グループに分かれて行います。

 

 

 

 

作業が始まると・・・

 

 

 

黙々と集中して取り組む姿が、あちこちに

「先生、これでいいですか?」

「もう少し、ここを磨こうか。」

やりとりしながらも・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

予想以上の作業効率で、ナント、材料が足らなくなった部門もでてきそう・・・だとか。

今週一週間で、どこまでできるか・・・挑戦が続きます。

2022/0614 お田植え祭 in  高等部キャンパス

梅雨にどっぷりと入りました。

今日の午前中、高等部キャンパスの駐車場に田んぼが登場!?

実はこれ、小学部の先生方が作られたミニ田んぼ。

 

 

 

 

 

 

 

「これから田植えをします。」

「この苗を目印の白いマークのところに植えていくんだよ。」

 

 

 

 

 

説明を聞く子供たちの姿は真剣です。駐車場の空気が変わりました

 

 

 

「みんなで植えていこうね。根っこをしっかりと・・・」

 

 

 

 

慣れない手つきで、ドロの感触に少々驚きながらも・・・

定植していきます。

ウワー。真っ黒だー。」

 

 

 

 

 

最後に「感想は?」と聞かれた皆さん・・・

「楽しかったです。」

「おいしいお米ができそう。」

「ドロで黒く汚れたけど、心は白くきれいです。(先生の名言)」

 

 

 

 

 

 

 

これから稲の成長を見るたびに、今日のドロの感触を思い出してくれることでしょう。

とってもいい体験ができました。

 

 

 

2022/0613 実習開始

梅雨入りしました。何だか肌寒い天候です。

今日から、高等部生は2週間の産業現場等における実習が始まりました。

 

 

 

朝から緊張の面持ちの皆さん。送迎の車に乗っていざ・・・

一日かけて、一通りすべての現場を見させてもらいました。

 

 

 

 

 

 

生徒の皆さんにとっては、初めてお会いする方々ばかり・・・作業内容も、練習はしてきましたが、やはり、本番は緊張しますよね。

 

 

 

 

 

「最初は、少し苦労していたようですが、だんだん上手になっていますよ。」事業主の方々からは、そんな温かい言葉をもらいました。

 

就労につながるように・・・頑張る姿がたくさんありました。

 

 

 

 

2022/0610  季節の変わり目

梅雨入りが近いのかなー

重たい雲が空に広がっております。

 

 

 

 

 

来週から、中学部では「進路学習」、高等部では「産業現場等における実習」が始まります。今日はその最終チェックが行われていました。

 

 

 

カタツムリです。かわいいですね。

 

 

そして、その後にはいよいよ水泳開始。

今、学校では、その準備を着々とすすめております。

例えば・・・

・プール使用上の動線の確認

・緊急時対応訓練

・感染症予防対策

季節は巡り巡って・・・繰り返しますが

子供たちは、その中で、成長をしていきます。

 

 

 

 あのなすもこんなに育っています。

 

 

 

 

 

2022/0609 現場実習の準備

午前中、高等部の授業の一コマです。

 

 

 

 

 

「来週から始まる現場実習の事前練習をしてみましょう。」

担当の先生が説明をしているところでした。

白い箱をつくります。それでは説明しますが・・・」

DVDの説明もあるけど・・・」

 ・・・シーン・・・

私の説明の方がいいですかね?」

(ウンウン)

 

 

 

みんなが思いっきりうなずきます。

そのやりとりがとっても素敵

先生は、微笑みながら、自ら箱を折って説明をされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思うに、コミュニケーションをはかる上で、

言葉のやりとりはもちろん重要な要素です。

が、

言葉以外の要素、例えば、まなざし表情ジェスチャー態度雰囲気等が、実はとっても大切リモート会議で、物足りないのはその部分です。

子供たちにとっても、DVDによるデジタルな情報よりも、先生の温かい指導の方が断然いいんだろう。・・・そう思いながら、一部始終を眺めておりました。

大切なことに気づかせてくれる子供たちです。

 

 

 

2020/0608 命を守る訓練

昨日は、「救急救命訓練」。そして、今日は授業参観の後に、「引き渡し訓練」を実施しました。

目的は、命を守り、命をつなぐこと・・・そのための大切なレッスンです。

 

 

 

 

 

 

支援学校の先生方は、この点については特に意識が高く、訓練といっても本番さながらの緊迫感。(私はいつも感心します。)

 

 

 

 

 

胸骨圧迫開始! 1・2・3・・・」

意識のない人形に向かって

おーい。戻ってこーい。!」と演技とは思えない・・・真に迫った言葉と動きです。

私も含め全員が胸骨圧迫訓練をおこないました。

 

本日の13:30「訓練です。・・・地震が発生しました。」校内放送を合図に避難行動が開始されました。

 

 

 

 

 

そして、二次避難の後、保護者に防災メールを送信。「子供さんを迎えにきてください。」

メールを見て、来校される保護者の方々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き渡しカードを確認して、子供さんをお渡ししました。

小学部・中学部・高等部のすべての児童・生徒が14:30には、保護者にお渡しすることができました。

人は、経験した以上のことはできません。ましてや、緊急事態の混乱状態では、パニックになってしまいがちです。

訓練の質を高めるための努力を続けていく必要を感じました。

保護者の皆様、ご協力ありがとうございました