新着情報

パブリック

 訪問教育学級では、毎月のカレンダー作りに取り組んでいます。7月は「海をおよぐさかな」をテーマにして作りました。絵の具や筆の感触を味わいながら取った「足形」で2匹の魚を表現しました。カラフルでおしゃれな魚ができあがりました。背景の海は、柔らかい感触を楽しみながら丸めたカラービニールテープと丸シールを貼って表現しました。涼しげな「海の中をおよぐさかなたち」のカレンダーができあがりました。
 正門付近の花壇にマリーゴールドとサルビアの花が咲いています。6月の産業現場等における実習の期間に、都きり農園で実習を行った2年生の生徒が花の苗を植えました。  朝、きれいな花を見ると明るい気持ちになります。帰るときに花を見て、1日の疲れを吹き飛ばし、「また明日も頑張るぞ」と前向きな気持ちになってくれるとうれしいです。 もう少しで1学期が終わります。暑い夏をみんなで乗り切りましょう。
ブログ
07/12
 梅雨があけるのと同時にビニールプールに空気を入れて中庭で水遊びを始めました。30度を超える気温が続き児童たちも暑さに負けそうでしたが、水遊びが始まると水を得た魚のように笑顔と笑い声が中庭に響きます。水鉄砲でどこまで水が飛ぶか試したり、プールの水に物を落としてはじける水を見て楽しんだり、気持ちよさそうにプールに寝転んでみり、頭から水を浴びて大喜びしています。まだまだ暑い夏を水遊びで乗り越えていけそうです。
6月6日~17日の2週間、高等部では、産業現場等における実習が行われました。これは、将来の自立に向けた学習に主体的に取り組む力を育むことや、将来の進路について考える力を伸ばすことなどを目的に行われている実習です。 1年生は主に、校内にて4班に分かれ、「校内実習」を行いました。 2年生は主に、複数人で引率職員とともに、校外の企業や事業所等で「校外実習」を行いました。 3年生は主に、単独で引率職員なしで、校外の企業や事業所等で「個別実習」を行いました。 生徒たちはそれぞれ、日頃の作業学習を中心に学んだことを生かしながら、また、新しい力も身につけながら、真剣に実習に取り組んでいました。実習後の日頃の様子や授業の様子からも、成長した姿を見ることができています。 日頃から、挨拶、返事、報告・連絡・相談、コミュニケーションをしっかりと行い、「かっこいい大人」を目指して、頑張っていきましょう!    
 6月17日(金)の2・3時間目、乙房小学校とのテレビ会議システムを使用した交流が行われました。この日は、5・6年生が交流し、それぞれ学校に関する○×クイズやダンス発表を披露し合うことで、お互いの学校のことや頑張ってきたことを知ることができました。画面越しでしたが、それぞれの発表を手拍子で盛り上げたり、最後のフリートークでお互いへの質問が次々と出てきたりと時間が短く感じられるほど楽しい交流になりました。