五ヶ瀬教育ビジョン
 G授業
 豊かな体験活動
 学校支援地域本部
 定例教育委員会会議録
 社会教育関係
 
【 バス予約 】
↑バスの予約はこちらから
 
トータル38897

五ヶ瀬町教育委員会

〒882-1295
宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町
大字三ケ所1670
電話番号
0982-82-1710
FAX
0982-82-1725
 








 
G授業活動日記
 
 
G授業活動記録
12345
2018/07/18

2年生 川遊び

Tweet ThisSend to Facebook | by GKSV
  鞍岡地区の川で川遊びを行いました。
 初めに、地域の講師の方より、ヤマメや川のお話がありました。
 その後、かまどといけす作りを行い、ヤマメのつかみ取りをしました。取ったヤマメを包丁でさばき、内臓をとりだします。元気に動くヤマメに、「いただきます」の気持ちで包丁を入れました。ヤマメは塩焼きにして、頭からしっぽまでおいしくいただきました。
 
 
 午後は、レスキュー体験や川遊びを行い、五ヶ瀬の夏を満喫した子どもたちです。命の尊さ、五ヶ瀬の自然を存分に味わうことができた1日でした。

  

17:56 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 2年G授業
2018/07/13

宿泊学習

Tweet ThisSend to Facebook | by GKSV
7月11日から13日まで宿泊学習を実施しました。
心配された天気も何とか回復し、計画通り宿泊学習の活動を実施することができました。
初日は、「カヌー体験、レスキュー体験」です。
蘇陽峡まで行き、広い川をカヌーで渡って行きました。初めはカヌーのコントロールに四苦八苦していた5年生ですが、時間が経つにつれコツをつかみ、上手にカヌーに乗ることができるようになっていました。
キャンプ場に帰ったら夕飯のカレー作りです。活動班で協力して汗を流しながら一生懸命に作ったカレーの味はどの班も格別でした!
2日目は、鞍岡地区での「フットパス」や桑野内地区での「神楽えりもの切り体験」をしました。五ヶ瀬の自然、伝統を満喫しました。そして、この日は「農泊」です。6つの農泊場所に分かれて、それぞれの家の方に教わりながら、パンを作ったり、晩御飯を作ったりして有意義な時間を過ごしました。
そして、最終日。キャンプ場に戻ったら、昼食のソーメン流しの準備です。大きな竹を切りだして、ソーメンを流す台を作ったり、はしを作ったりしました。どの子も腹いっぱいになるまでソーメンを食べました。
最後にお世話になったキャンプ場をみんなで協力してきれいに掃除しました。
3日間の宿泊学習で、「規律」「協同」「友愛」「奉仕」について学び、一回り成長した5年生でした。そして、いろいろな方の協力でこの楽しい宿泊学習ができたことに感謝の気持ちをもつこともできました。

16:55 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 5年G授業
2018/07/13

4年生第4回G授業

Tweet ThisSend to Facebook | by GKSV
 本日は、4年生第4回目のG授業でした。

 まず、「甘くておいしいブドウができるようにていねいに袋がけをしよう。」ということでブドウに袋がけをしました。あらかじめ袋にそれぞれのメッセージを書き込んでそれを袋にかけました。大きく育つようひとつひとつ丁寧にかけることができました。ぶどうも順調に育っていました。

教室に戻ってからは、前回のG授業に引き続き、販売方法について話し合いをしました。

 グループでお客さん役、販売役に分かれて練習をしました。



10:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/07/13

4年生第3回G授業

Tweet ThisSend to Facebook | by GKSV
 本日は、4年生第3回目のG授業でした。

今回は「みんなの夢をかなえるために販売において自分たちにできることを話し合おう」でした。あらかじめ考えてきた方法について、グループに分かれて話し合い、座標軸シートという思考ツールを使って考え、発表しました。


 グループ内での話し合いでは、ただ販売するのではなく、浩幸さんとみんなの夢をかなえるためには、どんな方法がいいのかという発言が何度も子どもたちの口からでていました。

2、3時間目はブドウ畑に移動して、芽摘みを行いました。G授業を重ねるごとにブドウへの熱い思いが作業の様子にも出ています。とても丁寧にそして一生懸命作業をおこなっていました。ブドウの実も1㎝大に成長し、子どもたちも口にしましたが「酸っぱい!」と声をあげていました。この酸っぱいブドウが本当においしく育つのでしょうか?次回は袋がけの作業です。


10:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/07/09

6年 五ヶ瀬町PR活動練習

Tweet ThisSend to Facebook | by GKSV
 修学旅行での五ヶ瀬町PR活動に向けて、練習に取り組んでいます。前回のG授業では、グループでのPR練習を行い、その課題について話し合う活動を行いました。今回の授業は、それらの課題を解決するための練習が中心となりました。また、その練習の成果を生かして、役場・教育委員会・中学校職員の方々へPRすることで、自分たちのPRが聞き手を納得させることができるかどうかを試すこともしました。色々なアドバイスを頂き、個人やチームのPR力を向上させることができました。
    
08:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345
 
表示すべき新着情報はありません。
新着情報
 
 
五ヶ瀬教育ビジョンとは
 
 
 少子高齢化、過疎化、山間地等の一般的に悪条件と言われる条件を逆手にとって、 五ヶ瀬(同等の条件下の地域)でこそ優位にできる教育や学校制度の在り方について研究を進め、実施できるものから実施していきます。
 社会的条件や自然的条件の格差はすでにこの国ではどうすることもできなくなっていますが、 学校教育は憲法の保障の下、都市部と全く変わらない条件が備わっています。つまり、五ヶ瀬では消費社会の条件は遅れているものの、 学校だけは都市部と同じように、否、それ以上に整備されているのです。 これらの条件をもう一度見直すことによって、五ヶ瀬の学校教育はもとより、社会教育を含めた生涯教育の再構築ができます。
 
G授業とは
 
 
 
 五ヶ瀬町においては、町内の全学校が小規模校であるため、各学校において、日常的に少人数指導が実施できており、きめ細かな教育が実践されている。 
 しかしその一方、授業内容によっては、大人数の方が効果が高い授業が実施できず、集団による意見の交換や切磋琢磨し合う活動が不十分になる状況もある。
 
五ヶ瀬123体操PV