五ヶ瀬教育ビジョン
 G授業
 豊かな体験活動
 学校支援地域本部
 定例教育委員会会議録
 社会教育関係
 
【 バス予約 】
↑バスの予約はこちらから
 
トータル27637

五ヶ瀬町教育委員会

〒882-1295
宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町
大字三ケ所1670
電話番号
0982-82-1710
FAX
0982-82-1725
 








 
G授業活動日記
 
 
G授業活動記録 >> 記事詳細

2017/09/04

1年 国語「はなしたいなききたいな」生活「たのしもうあき」

Tweet ThisSend to Facebook | by GKSV
国語「はなしたいな ききたいな」
 
 夏休みが明けて最初のG授業でした。夏休みのできごとを、友だちに話したり、友だちの話を聞いて質問や感想を伝え合ったりする学習をしました。
 日頃、少人数で学習している子どもたち。授業で話をしたり聞いたりする相手が限られており、大勢の前で伝え合う機会も多くありません。今回は「話す・聞く」といった学習内容を中心とし、自分のことをいろいろな人に伝えたいという思いを基に、話し方・聞き方を身につけさせる指導を事前に各学級でしてきました。G授業では、グループで発表会をし、自分の発表をしたり友だちの発表を聞いて質問や感想を伝えたりすることができました。


生活「たのしもう あき」
  

 第1学年は、五ヶ瀬で育った梅の木から実を収穫し、自分たちで梅ジュースや梅干しを作ることで五ヶ瀬の自然や季節を知るという体験をしています。今後は、柿の木を観察し、梅の木と同様、柿の実を収穫し、おいしく変身させる学習をさせたいと考えています。
 今回は、坂本小の柿の木を観察し、春・夏の柿の木と比べ、柿の葉や実の大きさなどの変化について、気付いたことや思ったことを伝える活動を行いました。実の大きさはもちろん、葉の色の変化にも気がついたようです。
14:17 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 1年G授業
 
表示すべき新着情報はありません。
新着情報
 
 
五ヶ瀬教育ビジョンとは
 
 
 少子高齢化、過疎化、山間地等の一般的に悪条件と言われる条件を逆手にとって、 五ヶ瀬(同等の条件下の地域)でこそ優位にできる教育や学校制度の在り方について研究を進め、実施できるものから実施していきます。
 社会的条件や自然的条件の格差はすでにこの国ではどうすることもできなくなっていますが、 学校教育は憲法の保障の下、都市部と全く変わらない条件が備わっています。つまり、五ヶ瀬では消費社会の条件は遅れているものの、 学校だけは都市部と同じように、否、それ以上に整備されているのです。 これらの条件をもう一度見直すことによって、五ヶ瀬の学校教育はもとより、社会教育を含めた生涯教育の再構築ができます。
 
G授業とは
 
 
 
 五ヶ瀬町においては、町内の全学校が小規模校であるため、各学校において、日常的に少人数指導が実施できており、きめ細かな教育が実践されている。 
 しかしその一方、授業内容によっては、大人数の方が効果が高い授業が実施できず、集団による意見の交換や切磋琢磨し合う活動が不十分になる状況もある。
 
五ヶ瀬123体操PV