トップページ

学校からのお知らせ

台風14号

 9月17日~19日の3連休。台風14号が猛威を振るいました。木城中学校体育館及び校舎は、避難所となり、多くの地域住民の方々が、利用されました。

 20日になり、校舎や敷地周辺を見ると、飛ばされた木の葉や枝などがたくさん落ちていて、とても大変な状況でした。急遽、全校生徒総出で敷地のすみやグラウンド周辺にたまっている落ち葉や小枝を拾い集める作業を行いました。朝のわずかな時間を利用しての作業でしたが、非常にたくさんの落ち葉や枝が集まり、あらためて、すごい台風だったことが分かりました。

 

コスモス大作戦

 

9月12日(月)の昼休に、「コスモス大作戦」が行われました。

木城中学校の3年生が、3年間お世話になった木城中学校に感謝の気持ちを込めて、コスモスの花でいっぱいにしようと、技術の授業でコスモスをたくさん植えました。そして、このコスモスの花を町のいろいろなところにも飾ってもらおうとしていたところ、地域の方々もコスモスで町をいっぱいにしようと取り組みが始まり、地域と学校が一緒になって、「コスモス大作戦」につながりました。

 この日は、お昼休みに小学校の中庭で地域の方々の指導を受けながら、木城小・中学校の児童・生徒と地域の方々が一緒になって、コスモスの種を蒔きました。

 木城町がコスモスの花でいっぱいになる日が楽しみです。

スマホ・ケータイ安全教室

9月8日の午後に中学生全員で、スマホ・ケータイ安全教室を受けました。3Aは講師の大浦さん(KDDI)と対面で、他学級はZOOMの画面越しでお話を聞きました。実際にあったトラブルをもとにした動画も視聴し、今後、何に気をつけなくてはいけないかを知ることができました。ネット上の書き込みは消えない、消せないこと、SNSなど文字だけのやりとりの難しさ、ネット上の友人との関わり方やネット依存などについて学びました。

ジモトの企業と語る会

 3年生は総合的な学習の時間を使って「ジモトの企業と語る会」を開催しました。

 県内の様々な企業の中からそれぞれ異なる分野で活躍されている6事業所より講師をお迎えして、それぞれの代表者といろいろなことについて話し合いました。生徒たちも数名の小グループに分かれて各企業の説明を聞いたり、自分たちの感じた疑問点について、直接企業の方に質問したりするなど、積極的な活動ができました。

     

 

 

今日から新学期のスタートです

 今日から新学期が始まります。夏休み期間中大きな事故もなく、みんな元気に登校してきました。

 始業式は、新型コロナ感染症対策のため、zoomを使って行いました。式の中で代表の生徒3名が2学期の抱負を発表してくれました。また、始業式の後、諸連絡の中で熱中症について注意を呼びかける動画が放送されました。小学校と中学校の保健体育委員会が中心となって制作したもので、とても分かりやすくまとめられていました。

 いよいよ2学期のスタートです。新型コロナ感染防止対策はもちろん、熱中症にも気を付けながら、しっかりと頑張っていきたいですね。

 

 

 

生徒会役員選挙

7月20日は生徒会役員選挙でした。今年はzoomでの演説会となりましたが、木城小中学校としての選挙ということもあり、来年度の義務教育学校開設に向けて小学5・6年生の児童も立会演説会に参加しました。立候補者のみなさんは緊張した中にも、それぞれの思いを立派に発表してくれました。立会演説会のあと、選挙管理委員会の指示で各学年の廊下で投票を行いました。

職場体験学習(2年)

 

第2学年の生徒たちが、7月12日、13日の2日間にわたり、木城町と高鍋町の計18か所の事業所にご協力いただき、職場体験学習を行いました。生徒たちは事前に、将来何のために働くのか、職場体験では何を学ぶのかなどについて考え、目的をもって臨みました。どの事業所においても、学びが深まるよう工夫を凝らした体験をさせてくださり、生徒たちは目的以上のものを得て、2日間を終えることができました。ご協力いただきました事業所の皆様、本当にありがとうございました。

校外学習(1年)


 

7月13日(水)に1年生は校外学習がありました。午前中は班ごとに3つの事業所でインタビューをしました。その後バスで移動し、ルピナスパークでお弁当を食べました。

午後は佐土原高校で授業の様子を見学したり、佐土原高校にいる木城中の卒業生から話を聞いたりしました。

児童生徒総会

6月30日に児童生徒総会がありました。今年度から小中一貫校となり、小学校5年生以上が参加しました。今回はZOOMでの開催になり、各教室と生徒会役員のいる多目的室を結んで話し合いました。

薬物乱用防止教室

6月23日に学校薬剤師の安藤豊子先生を講師にお迎えして、薬物乱用防止教室が行われました。

薬剤師という専門的な立場から、正しい医薬品の使い方、危険な薬物等が体や心に及ぼす様々な影響等について話をしていただきました。

危険な誘いは「Iメッセージ」できっぱりと断り、自分の体・心・命を守るという大切なことを学びました。

令和3年度学校評価

    本年度の教育活動について、学校の自己評価、保護者の皆様、学校運営協議会委員の皆様からの評価をいただきまとめました。よい取組はさらに伸ばし、課題については次年度改善を図るようにしていきます。

 保護者・地域の皆様には大変お世話になりました。次年度もよろしくお願いいたします。

令和3年度学校評価まとめ.xlsx

離任式

    本校を支え、生徒に慕われていた3名の先生方が3月末で木城中学校を離任されることになりました。百田教頭先生、倉永先生、デイビット先生(ALT)本当にありがとうございました。

第3学期 修了式 

    代表生徒3名が3学期を振り返る発表をしてくれました。

成果や課題だけでなく、次年度に取り組みたいことをしっかり述べてくれ、1年間の成長を感じました。次年度も楽しみな木城中生です。

第75回卒業式

   今回の卒業式は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、苦渋の判断でしたが1・2 年生は各学級でのオンラインによる参加としました。卒業生は、「木城町更生保護女性会」の皆様と2年生女子で作成したコサージュを胸につけ、凜とした態度で参加し、最後まで木城中生としての誇りや3年間での成長した姿を、私達にしっかりと示してくれました。

 さわやかな風を残して巣立っていく、50名の卒業生の輝く未来に幸多からんことを願っています。卒業おめでとうございます。

ふくしってなんだろう?

  1・2年生の総合的な学習の時間に、町社会福祉協議会(福祉活動専門員 成合進也さん)の協力を得て、標記講座を実施しました。講座では、他人事の福祉ではなく、自分の事、自分達のこととして福祉を考えさせたり、違いを認めることの大切さについて考えさせたりしました。その中で生徒は「当たり前に感謝」すること等多くのことを考えることができたようです。

共に生きる社会(共生社会)とは。これからも、生徒と共に考えできることを実践していきたいと思います。

立志式(立志の誓い) 

新型コロナウイルスの感染症拡大防止のため、参観日に予定していた「立志式」は本校職員のみが参加しての実施としました。式ではどの生徒もこれまでの自分の生活を振り返り、これからどのように生きていくのかについて発表しましたが、その姿に頼もしさを感じました。発表の後は群読や校歌斉唱もありましたが、2年生のやる気に満ちた素晴らしい立志式でした。

オンラインでの全校集会

3つの密を避けるために、全校集会をオンラインで実施しました。新型コロナウイルスの収束を迎えるまでは、このようなやり方が増えます。

手指消毒器の寄贈

新型コロナウイルス感染症拡大が続く中、『公益財団法人 日本教育公務員弘済会宮崎支部』様から、手指消毒器を寄贈していただきました。大切に使わせていただきます。

学校給食感謝週間 

いつもおいしい給食を作ってくださる給食センターの皆様に、生徒一人一人からの感謝のメッセージを届けました。これからもおいしい給食を楽しみにしています。

校舎建築進捗状況

基礎工事も足場が組まれ、建物の枠組みが見えてきました。
 工事関係者の皆様、寒い中での作業本当に大変だと思います。ありがとうございます。

面接練習 

地域の方々5名にお願いし、3年生の高校入試に向けた面接練習を行いました。学校の職員も面接の指導は行いますが、地域の方々に面接官をお務めいただくことで、より幅の広い充実した練習ができました。いつも本校の教育活動にお力添えをいただき感謝しています。

避難訓練

今回は「火災」を想定した避難訓練を実施しました。消防署の方がまとめの中で、災害発生時には中学生の力が大変大きな力になるという話をされました。「自分の命は自分で守る」ということと共に、「地域の中で自分は何ができるか」等、日頃から地域での防災についても考えておくことが大切だと感じました。

3学期始業式

始業式では、1年生代表篠原君 2年生代表 芥田さん、3年生代表 薮押君、生徒会代表 松元君が3学期の抱負を発表してくれました。4名ともそれぞれに決意の込められた素晴らしい内容のもので感心しました。私からは、失敗を恐れず「口角を上げて」何事にも積極的にトラ(寅)イする1年にしていこうと呼びかけました。

校舎建築進捗状況

基礎工事もずいぶん進んできました。このようにして学校ができていくのだと、日々進んでいく工事を興味深く見ています。

2学期終業式

 82日間の2学期が終わりました。1年代表谷岡君、2年代表黒木君、3年代表守部君、生徒会代表篠原さんが2学期の反省を発表してくれました。4名ともしっかりと2学期を反省し、3学期の抱負も明確でした。
 私からは3学期は「口角を上げて」毎日笑顔でがんばろうという話をしました。

校内駅伝・ロードレース大会

前日の雨がうそのように晴れわたり、風は強かったものの校内駅伝・ロードレース大会を町コミュニティ多目的広場(町営グラウンド)で実施することができました。自分で立てた目標を達成しようと、力一杯走る生徒の姿に感動しました。

学校運営協議会

 本年度2回目の学校運営協議会が開催されました。今回は授業参観とこれまでの学校での取組についての説明を行いました。委員の皆様から、貴重なご意見をたくさんいただきましたので、3学期学校経営に活かしていきたいと思っています。

町表敬訪問

税に関する作文コンクールで、2年生の篠原さんが県租税教育推進中央協議会会長賞銅賞を、德田さんが西都・児湯地区租税教育推進協議会会長賞銀賞を受賞しました。また、県中学校秋季体育大会の柔道競技では2年生の綾部さんが階級優勝、男子団体3位、体操競技で1年生の松元君が個人総合第3位という好成績を収めましたので報告に行きました。木城中生は「文武両道」でがんばっています。

校舎建築進捗状況

工事現場に入る機会がありました。いつも校舎3階からしか見ていなかったのですが、実際に現場に立ってみると、新校舎の大きさを実感することができました。どの程度掘り下げて基礎工事を行っているかもよく分かりました。

2年生修学旅行

 新型コロナウイルス感染症も全国的に落ち着いていたことから、2年生の修学旅行を実施しました。長崎県を2泊3日の行程で見学し、がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)や平和公園、出島ワーフ、ハウステンボス等々長崎の名所旧跡を巡り、楽しい想い出がたくさんできた修学旅行でした。

税に関する作文コンクール

2年生篠原さんが宮崎県租税教育推進中央協議会会長賞銅賞を、同じく2年生德田さんが西都・児湯地区租税教育推進協議会会長賞銀賞を受賞しました。先日高鍋税務署の宮本署長と横山係長が来校され、直接表彰状を手渡していただきました。2人ともとても素晴らしい内容の作文でした。



授業公開

県進路指導・キャリア教育研究大会が開催され、本校では福山教諭が3年生の総合的な学習の時間の授業を公開しました。1年生の頃からの確かな積み重ねと、これからのキャリア教育の在り方を提案していただき、参加された他校の先生方からも多くの学びがあったと感想をいただきました。

学校保健委員会 

宮崎ヤクルト販売株式会社の方々を講師にお招きし、小中合同(中学生全員と木城小6年生、保護者)で「ウン知育教室」を開催しました。ウンチについてのクイズや講話、後半はウンチを出す力を鍛える「腸トレ体操」を実際に行っていただく等、参加者が楽しみながら自分の生活習慣の見直しにつながる時間となりました。

木城町青少年育成町民会議讃嘆

町青少年育成会議から3年生薮押くんが生徒会活動や体育大会団長、柔道クラブ主将、神楽伝承の取組等が認められ、町生涯学習のつどいの場で表彰されました。

鑑賞教室

今年の鑑賞教室は県内で声優や俳優を育成する「サラエンタテインメント」の皆さんをお招きし、「受け継がれる想い(赤江特攻基地から特攻兵として出撃する若者とその家族の思い)」の朗読劇を鑑賞しました。朗読だけで、情景や登場人物の心情が伝わってくる等、さすがプロの演技でした。また、その後代表の生徒によるアテレコ体験もあり、アニメ制作の一端も学ぶことができました。

木城熟議

    3年生のキャリア教育の一環として、15名の様々な職種の方々にご参加いただ、働くことや地域に対する思いを聞く場として「木城熟議」を実施しました。

 当日は、3~4名のグループに分かれ、まず生徒が将来の夢等について発表し、地域の方からは夢実現についての鋭い質問や励ましの言葉などをいただき、大変有意義な時間となりました。

校舎建築工事進捗状況

グラウンドをずいぶん掘り下げています。工事を見ながら、改めて基礎の大切さを感じています。勉強も同様です。生徒達にも基礎・基本をしっかり身につけさせたいと思います。

西都児湯地区中学校秋季体育大会

  地区中学校秋季体育大会が行われました。新型コロナウイルス感染症拡大防止等の関係で十分な練習ができないままの大会でしたが、2年生と1年生の新チーム、どの部活動・クラブもよくがんばり好成績を収めてくれました。県大会の出場は次のとおりです。

柔道:男子団体・個人 剣道:個人 卓球:個人 
女子ソフトテニス:ペア 陸上:個人 体操:個人

合唱コンクール

    昼休みに互いの合唱を聴き合いアドバイスをしあったり、放課後も練習に取り組んだりする等、生徒の主体的な姿が数多く見られた合唱コンクール。当日はどの学級の合唱も素晴らしく、生徒の歌声や一生懸命歌う姿に感動しました。

表敬訪問

  子供の読書活動優秀実践校(文部科学大臣表彰)、全国中学校体育大会出場(柔道)、九州中学校体育大会出場(体操)について町への報告を行いました。
  学習面でもスポーツ面でも木城中学校の生徒はよくがんばっています。

工事開始

  グラウンドには各種重機が入り、工事が本格的に始まりました。
このホームページでも工事
の進捗状況をお知らせしていきます。


新校舎建築に係る起工式

  体育大会の翌日から工事の準備が始まり、9月18日(土)には工事の安全を
願って起工式
が行われました。いよいよ始まります。

第75回体育大会①

  令和5年度開校予定の義務教育学校の新校舎建設のため、このグラウンドで行う体育大会は本年度が最後であり、なんとか開催したいと願っていた体育大会。当初は12日(日)に予定していましたが、新型コロナウイルス感染症に係る「緊急事態宣言」等を受け、14日(火)に延期、さらに雨天のため15日(水)に延期してようやく開催することができました。
 




体育大会練習

 義務教育学校開校に係る新校舎建設に伴い、現在のグラウンドで行う最後の体育大会となります。暑い中生徒は集中し協力しながら練習に取り組んでいます。7日は総予行練習が行われました。当日が楽しみです。なお、体育大会は14日(火)に予定しています。




2学期のスタート

    今年の夏休みは新型コロナウイルス感染症の影響で、登校日も中止、部活動も中止になるなど、我慢の夏休みでした。このような状況から、始業式は放送で行いました。マスクの着用、手指の消毒、換気をさらに徹底させ、新型コロナウイルス感染症拡大防止に努めていきます。

1学期終業式

    72日間の1学期が終了。代表生徒4名が1学期を振り返る発表をしてくれました。生徒達には夏休み中も「命を大切にしてほしい。」「いろいろな本を読んでほしい。」と呼びかけました。充実した楽しい夏休みにしてほしいと思います。

中学校体育大会県大会出場(推戴式) 

 県大会に出場した競技は、卓球男子、水泳、柔道男女団体と個人、陸上、体操(男子個人)です。

このうち、柔道女子は個人戦で見事優勝。九州大会及び全国大会に出場、体操男子個人も九州大会に出場しました。