♪ようこそ♪

『森の学校』高千穂町立押方小学校
   のホームページにようこそ!
        在籍児童数 42名
   (平成29年4月10日現在)
 

訪問者カウンタ

あなたは148807人目のお客様です

     高千穂町立押方小学校

 
〒882-1102
宮崎県西臼杵郡高千穂町大字押方561-1
電話番号
0982-72-2239
FAX
0982-72-2477
※本Webページの著作権は、高千穂町立押方小学校が有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 

新着情報

 

トップページ

子どもたちや学校の様子
12345
2017/11/17new

「土木の日」関連出前授業がありました。

| by:学校管理者

  11月18日は「土木の日」。その周知と土木工事や建設業に興味をもってもらいたいという趣旨で、今日、西臼杵支庁主催の出前授業が行われました。支庁土木課の方々、高千穂地区建設業協会青年部の方々、総勢約30名お見えになりました。

 はじめの会で、支庁の方が、11月18日がなぜ「土木の日」なのか、教えてくださいました。「土木」の漢字を分解すると「十・一・十・八」になるということです。なるほど。

 そして、いよいよ運動場での体験活動です。「レンガで橋造り」「バックホウで魚釣り」「高所作業車試乗体験」「光波で距離当て」と4つのコーナーが設けられていました。子どもたちは、異学年縦割り7名ずつの6班で、各コーナーを回りました。

 「レンガで橋造り」では、班で協力してレンガを組み合わせ、隙間に砂を埋め込んでアーチ状の橋を造りました。アーチ橋が完成すると子どもたちも大喜び。そして、できあがった橋を一人ずつ恐る恐る渡りました。

 「バックホウで魚釣り」では、小型のバックホウに乗せてもらいました。レバーを操作しながらバケットを動かし、バケットに吊るされた鉄筋の釣り針を使って、魚の絵のパネルを釣り上げます。一人で上手にバケットを操り、釣り上げる子どもたちもいました。

 「高所作業車試乗体験」は、2名ずつゴンドラに乗りました。アームが延びていくとどんどん高くなります。最高で12mほど上がるそうですが、校庭の大きなセンダンの木の実を取る子や、高い場所から大きく手を振る子もいました。中には、高い所が苦手で、すぐに降ろしてもらう子もいたようです。

 「光波で距離当て」では、自分でソフトボールを投げて、飛んだ距離を予想し、光波測距儀で計測しました。そして、予想との誤差により順位が決まるというゲームでした。他にも運動場のいろいろな場所を指定して、そこまでの距離を図ってみたりしました。

 全てのコーナーで体験した後、最後に全員で運動場に「押小」の人文字を作り、ドローンを使っての記念写真撮影がありました。ドローンが近くまで飛んでくると、子どもたちから大きな歓声があがり、みんなで手を振りました。

 今朝は、この秋一番に冷え込み、午前中も曇りで寒い日でしたが、とても楽しく貴重な体験ができました。今日の体験で、将来、土木や建設関係の仕事をしてみたいという思いや夢をもった子どももいたことでしょう。キャリア教育の視点からも、よい体験となりました。西臼杵支庁、そして建設業協会青年部の皆様、ありがとうございました。
  
  
☆ 4つのコーナーで貴重な体験ができて、とても楽しかったですね。大人になったら、建設機械を動かしてみたい、大きな橋を造ってみたい、などと思った人もいたことでしょう。ドローンを操縦してみたい、と思った人もいたかな?

14:15
2017/11/16new

伝え合い、学び合う学習を目指して。

| by:学校管理者

 今日は、本年度第2回の学校支援訪問でした。北部教育事務所と町教育委員会から2名の先生をお迎えし、5校時に5年生の算数の授業を参観していただきました。

 今日の学習内容は、平行四辺形の面積の求め方で、「面積の求め方をいろいろ考えよう」というめあてでした。既に習っている三角形や四角形をもとにして平行四辺形の面積を求めます。そして、その考え方を友だちに伝え合うという活動がポイントでした。

 子どもたちは、担任から渡された平行四辺形の図に、対角線を引いて2つの三角形に分けたり、四角形と三角形に分けたりして、面積を求める式を立て、解いていきました。とても真剣に集中して考えました。短い時間の中で三つほど考えた子もいました。

次に、自分の考えをいろいろな友だちに説明していきました。自由にペアになり、互いに説明し合ったら、また次の友だちを見付けて説明していきます。

最後に、4人の子どもたちが、全員の前で考えを説明しました。緊張しながらも、はっきりした声で、筋道立てて伝えることができました。

今日の学習をもとに、次の時間は、平行四辺形の面積を求める「公式」を導き出す学習に進みます。公式の意味を理解するための大切な今日の学習でした。

9月まで5年生は、6年生との複式指導での算数でしたが、10月から支援の先生が配置され、学級担任による単式指導となりました。伝え合いに重点を置いた指導ができるようになったのはそれからで、まだ日も浅いながら、今日は子どもたちもしっかり伝えよう、学び合おうという姿が見られました。これからが、とても楽しみな5年生です。

  授業後、今日の授業についての事後研究会を行いました。子どもたちの伝え合い、学び合う力の向上や全員が「分かる・できる」授業づくりなど、押方小の子どもたちの学力アップにつなげるためのアイディアやヒントもたくさん出されました。ご指導やご助言をいただいたことに感謝し、更に学び合う「やかたの子」が育つよう、チーム押方小で取り組んでいきます。
  
☆ いろいろな考え方ができましたね。そして、それを友だちにしっかり伝えようと、とても頑張っていました。授業が終わった後のみんなの笑顔が、それを物語っていましたよ!

17:08
2017/11/13

地域の工場や加工場を見学しています!

| by:学校管理者

 今、3年生は、社会科の「工場の仕事」の学習で、押方地域にある工場や加工場の見学をしています。

 先週9日(木)には、「ひやくしようや」さんで、自家製の漬け物や栗を使った商品などについて、作り方や販売の工夫などいろいろ調べました。

 今日は、「高千穂酒造」さん。焼酎工場の見学に行ってきました。

 大きなタンクや機械が並ぶ工場で、①焼酎の原料となる米や麦などを蒸し、麹や酵母を混ぜて発酵させ、蒸留して焼酎ができるまで、②できた焼酎を瓶やパックに詰め、箱詰めされる工程、③箱詰めされた焼酎を出荷する倉庫、そして最後に、④焼酎かすや排水の処理、など、実際に見せていただきながら、係の方から詳しく説明していただきました。

 蒸して軟らかくなった原料を触らせていただいたり、麹や酵母によってぶつぶつと泡を出して焼酎のもとが発酵している様子を見せていただいたりもしました。初めて知ることや驚きがたくさんありました。

 押方地域でも、いろいろな物が作られ、売られています。おいしくて安全なものを作るための工夫やいろいろな人に味わってもらうための工夫など、工場で働く人たちの工夫や願いなどについて、たくさんの学びがあるようです。子どもたちのたくさんの疑問や質問にも丁寧に答えてくださいました。

 今月末には、「藤﨑食品」さんで「こんにゃく作り」について学んでくる予定です。どうぞ、よろしくお願いいたします。 

  「百聞は一見にしかず」で、実際に地域に出かけて学ぶことで、押方地域のものやこと、人に直接触れ、そのよさや素晴らしさに気付き、豊かな心の育成にもつながっていきます。お忙しい中、快く見学にご協力をいただいた皆様に、心より感謝いたします。
  
☆ 押方地域でもいろいろな工場で様々な物が作られていますね。どれもおいしく、県内外からもたくさん注文があるようです。20歳になったら、押方地区で作られるおいしい焼酎もぜひ味わってくださいね!

16:52
2017/11/13

「第25回町民のつどい」で歌いました。

| by:学校管理者

 11日土曜日、町武道館で、「第25回町民のつどい」が開催されました。

開会行事の「はじめの歌」では、毎回、町内のコーラスグループと小学生が一緒に合唱することになっているようで、今回は、輪番で押方小の子どもたちに合唱への協力依頼がきました。

 当日は、高千穂町内の2つのコーラスグループ「コーラス高千穂きらきら星」「高千穂町老人クラブホオジロコーラスグループ」と押方小4~6年生23名が、「町歌」と「もみじ」を合唱しました。

 一緒に合唱するのは当日が初めてで、大人の方の方が人数も多く声量もあるため、子どもたちの声がかき消されそうなくらいでしたが、大人の方々と声を合わせてきれいなハーモニーを届けようと、大勢の町民の前で精一杯頑張ることができました。

 ところで、この合唱を迎えるにあたり、当日の指揮者で、3つのコーラスグループの指導をしていらっしゃる町内在住の興梠純一さんが押方小に2回来校され、4~6年生のために事前の出前指導をしてくださいました。たった2時間でしたが、子どもたちをリラックスさせながら、おもしろおかしく頭声的な発声法を指導してくださり、子どもたちの歌声もみるみる変わってきました。さすがでした。短時間での成長に、私たち教員も、その専門性を生かした指導に多くを学ぶことができました。

 たくさんの町民の皆さんの前で、貴重な体験をさせていただいた4~6年生でした。
  

☆ 興梠先生から合唱の時の発声を教えていただきました。校歌や月の歌など、日頃歌う機会にも、ぜひ習った歌声で歌いましょう!そして、もっともっと美しくきれいな歌声が響く押方小にしてくださいね!興梠純一先生、ありがとうございました!



14:06
2017/11/08

地域の高齢者とふれあいました!

| by:学校管理者

 今日、「ふれあい交流会」を実施しました。地域の高齢者25名の皆様が来校してくださり、子どもたちにいろいろと教えてくださいました。

 1・2年生は、「昔の遊び」。あやとりやメンコ、お手玉、羽子板、紙飛行機など、おばあちゃん方と一緒にいろいろな昔の遊びを楽しみました。

 3・4年生は、「竹とんぼ作り」と「おじゃみ作り」に分かれました。おじいちゃん方から小刀やのこぎりなどの使い方を習いながら、慣れない手つきで難しい竹とんぼ作りに挑戦しました。おばあちゃん方からは、針と糸を使って縫い方を教わり、ハギレを袋状に縫って数珠玉を詰め、おじゃみを完成させました。できあがった竹とんぼを飛ばしてみたり、たくさんのおじゃみを抱えたりして、とてもうれしそうでした。

 5・6年生は、夜神楽の神庭に飾られる「えりもの」という紙切り飾りの作成です。型紙に合わせて美濃紙をカッターで切っていきますが、切り方にもコツがあり、丁寧にアドバイスしていただきました。細かな部分もあり根気のいる作業で、時間内に仕上がらなかった子どもたちもいたようですが、高千穂の伝統に触れられ、よい体験となりました。

 終わりの会の後、子どもたち全員が、おじいちゃん、おばあちゃん方一人一人とお礼の気持ちを込めて握手をして、交流会が終わりました。

 高齢者の知恵や技術に触れ、高齢者から学ぶことをとおして、子どもたちの感謝の気持ちや思いやりの心の育成にもつながるよい機会となりました。「地域と共にある学校づくり」のために、今後とも「やかたの子」、そして押方小へのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。
 
 
  
☆ とても楽しく交流できました。いつまでもお元気で!そして、また、来年も押方小へいらしてください!お忙しい中、本当にありがとうございました。

13:54
12345