校長挨拶

「質実剛健」
    本校は明治32年(1899年)創立の宮崎県都城中学校を前身とし、昭和23年(1948年)に、宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校となり、昨年創立120年を迎えた県内有数の伝統校です。その長い歴史の中で、変わることなく受け継がれてきたことがあります。それは本校の校風である「質実剛健」です。「質実剛健」とは、中身が充実して飾り気がなく、心身ともに強くたくましいさまを表します。うわべや見かけにとらわれず、常に人として、生徒としての本質を大事にし、誠実であり、思いやりの心と強い意志を持ち、心身ともに健やかであるということです。本校の生徒は、この校風の中で、勉学にも部活動にも、そして学校行事にも全力で取り組み、「豊かな人間性を持ち、目標達成に向け精一杯努力する生徒」を目指しています。
 現在、各学年普通科5クラスに、理数科2クラスを加えた7クラスです。平成22年度には、附属中学校も併設され、中高一貫校となりました。ほとんどの生徒が大学等への進学を目指し、日々学業に励んでおり、創立より一貫して取り組んできました地域に根ざした文武両道の教育も本校の大きな特色です。特に部活動には約8割の生徒が取り組んでおり、運動部、文化部ともに高いレベルでお互いが切磋琢磨し、各種大会で上位入賞しています。
 本校は「生徒一人ひとりが大切にされていると誰もが感じられる学校」を目指しています。先生方も「あつい」(熱・厚・篤)指導を行います。本校であらゆることに挑戦し、豊かな人間性を身につけ、「夢の実現」のために頑張ってみませんか。全職員でお手伝いします。それでは、都城泉ヶ丘高等学校で、皆さんと一緒に過ごす充実した日々を楽しみにしています。


校長  久保田 一史